50代、60代の皆さんへ!

あなたは、人生最後の大切な時期を

寝たきりで過ごすのですか?

それとも、

数年先までスケジュールが一杯で、

100歳を超えても好奇心旺盛な

現役医師のように過ごすのですか?

 

−人生を楽しむ、頑張らない健康法−

 

 

「そんなことは、決まっている。」

 

・・と思いますよね。

 

でも、人生後半の私たちの現実はどうなっているのでしょうか。
50、60と年を重ねてきて、

 

これからは、楽しく過ごそう!

第二の人生に挑戦しよう!

 

そんな願いもむなしく、現実は・・・

高齢者の半数近くが、病気やけがなど何らかの自覚症状を訴えている。

約4分の1は、日常生活に影響がある。(H28度版高齢社会白書 内閣府)

認知症になり、一人で徘徊してしまう。

場合によっては、事故につながってしまう。

ブレーキとアクセルを踏み間違って、車がお店に突っ込む。

最悪の場合、人命が失われる。

寝たきりになり、苦しい毎日を送っている。

家族の負担も重い。

介護施設は十分になく、経済的にも負担が大きい。

それなのに、国の援助はますますカットされてくる。年金も不安。

 

日本人の寿命は延びたものの、
健康でいられる「健康寿命」は10年以上も短くなっています。

 

つまり、

楽しむべき人生最後の時に、

10年間も、何もできないで、

苦しい毎日を過ごしているのです。

 

 

そんな人生最後の10年間を想像してみてください。

体が思うように動かず、最悪の場合、自分の意志すら、はっきりしない。
友人や家族と、好きな旅行やショッピングにも出られない。
病気で食べ物の味覚が変わり、美味しく食べられない。
好きだったお酒が飲めない。
家族とは別に、病院で寂しく食事する。

 

そして、やり残したこともできなくなり、様々な後悔が渦巻くのです。

 

もし、このような現実に気が付いていて、
不安に思いながら、何もしていないのであれば、
是非この続きを、読んでいただきたいのです。

 

健康について、こんな悩みはありませんか・・

世の中、健康法がたくさんあり過ぎて、どれをやれば良いのか分からない。
いろいろな健康法を試してみたが、効果が無かった。
なんとなく調子が良くないが、忙しいので何もする気にならない。
健康法についてもっと知りたいが、沢山あって調べる気にもならない。
健康法は、続けられない。

 

もし、このようなことで悩んでいるのであれば、

これから紹介する健康法が、

人生を変えてくれるでしょう。

 

動画講座申込み

こんにちは。私は、木下敬史と申します。
普通の会社員として、もうすぐ定年を迎えるところです。
私は、健康のために、長い間、様々な健康法を試してきました。

 

 

本格的に取り組んだのは、アレルギーが最初です。
じんましん、アトピー性皮膚炎、
花粉やハウスダストに対するアレルギー性鼻炎です。

 

鼻が完全につまって息苦しくなり、
目のかゆみや鼻水も大変でした。

 

 

他にも、よく便秘でいらいらすることがありましたし、
心臓の治療を受けたこともあります。

 

効果があると思う健康法、治療は手当り次第やってみました。
食事療法はもちろん、
高額な浄水器を買ってアルカリイオン水を飲んだり、
免疫療法、温泉療法、針灸や断食、などなど、
西洋医学から東洋医学まで様々な治療法を試しました。

 

それでも、期待したほどの効果は得られないまま、
目についた健康法に飛びついては失敗して、
を繰り返していたのです。

 

そんな経験の中から、大切なことが分かってきました。

「これだけで健康になれる」ということは、ほとんど無い。

行間スペース

だから、特定の食事療法などに偏ることなく、

ストレスに対処するといったメンタル面も含め、
トータルに健康法をやる必要がある。

行間スペース

毎日のようにマスコミに登場する健康法に惑わされない。

そのためには、健康や健康法の全体を理解して、
本当に必要と思われることを、しっかりと継続する。

行間スペース

それを、基本にして、徐々に、自分に合った方法に

アレンジしたり、追加したりすれば良い。

行間スペース

決して「必死に」やらないで、余裕をもって、ゆったりと続ける。

 

この考え方で生活するようになり、やっと、
「健康になった」
と感じられるようになったのです。

 

では、多くの人が、健康を望んでいながら

健康になれないのはなぜでしょうか。

 

理由1:本当は、とても大切な「健康」を後回しにしてしまう。

 

現代人の多くは、
「なんとなく調子が悪いが、病気とまではいえない」
という、東洋医学で言うところの
「未病」の状態にいます。

 

つらい毎日でも、なんとか動けるので、
忙しさを言い訳にして何もしようとしません。
健康は二の次なのです。

 

自分の体の状態についての実感が乏しく、真剣に考えません。
自分は大丈夫だと思っているのです。

 

その間に、病気は、ジワジワと
真綿で首を絞めるように進行しています。

 

気が付いた時には、大病を患っているのです。

 

そもそも、私たちは、目先のことに捕らわれがちです。

 

 

この図は、時間管理で良く用いられるものです。

 

本当は、健康を含む、右上の
「緊急ではないが重要」なこと
が最も大切なのです。

 

でも、実際には、いつも左側2つの緊急なことに追われています。

 

そして、右下の、テレビやゲームなど「緊急でも重要でもない」ことで
時間を浪費することが多いのです(リラックスのためには重要ですが)。

 

理由2:あまりにも健康情報が多すぎて、
文字 スペースどうすればよいのか分からない。

 

書籍、雑誌、テレビ、インターネットあらゆるメディア。

 

ダイエット、体操、呼吸、便秘、自律神経・・・
たくさんのキーワード。

 

しかも、次々と新しい方法が
手を変え、品を変え登場してきます。

 

全部やっていたら、一生かかります。

 

 

それに、「糖質制限」など、治療法よっては、
お医者さんでも賛否が分かれます。

 

高血圧の基準値は、年を経て変わってきました。
現在、日本では、上が130mmHgとされていますが、
かつては、もっと高かったようです。

 

私たちのように年をとれば、上がるのが自然な反応で、
米国では、現在、60歳では150/90まで正常だそうです。

 

極端な例ですが、
タバコは癌になる確率を高める。
これは、科学的事実です。

 

それでも、人によっては、もともとの体質や、
リラックスしてストレスが解消されることで、
悪性腫瘍まで至らないこともあり得るのです。
(ただし、喫煙を勧めているわけではありません)

 

「どうにかしたい」でも、「どうすれば良い」のか?
情報が多ければ多いほどわからなくなってきています。

 

理由3:話題の健康法は、「これだけやれば、健康になれる!」
スペースでも、実際には「これだけ」では良くならないことが多い。

 

そもそも、人には個人差があります。
その健康法の提唱者や、有名人などには効果があっても、
あなたに同じ効果があるとは限らないのです。

 

医学的には、たとえ4割の人に効果が無くても
6割の人に効果があれば、効果があるとされるのです。

 

あなたは、その4割かもしれません。

 

それに、体の健康には多くの臓器、機能が関わっています。
体と心を全体的にみてあげて、
いくつかの健康法を一緒に続けることで、
初めて、効果が表れることが多いのです。

 

ですから、たまたまテレビや雑誌などで知った健康法を
やっただけでは、期待したほど効果が出ません。

 

 

そして、何もしなくなってしまうのです。

 

理由4:健康とはどういうことで、何が大切か、
文字 スペースといった健康の基本を知らない。

 

健康とは何か、また、
健康になるためには何に気を配ることが大切か、など
健康の全体像を勉強する機会は
あまりありません。

 

それで、こんなことを繰り返すのです。

 

そもそも、年齢を重ねた私たちが目指す「健康」とは
どんなものなのでしょうか?

 

トライアスロンができるような、
強靭な体を持つことが理想だと
思ったりしていませんか?

 

 

ハードな運動は、活性酸素が増大して
体には害になります。

 

私たちのような年代では
特に気を付けなければなりません。

 

有名なダイエットのビフォー・アフターのように
数週間、数か月で必ず劇的に変わるはずだ
などと期待していませんか。

 

肉体的にも、心理的にも、相当なストレスがかかります。
そして、リバウンドする可能性が高くなるのです。
続けることは、非常に難しいでしょう。

 

健康になるための基本を知っていれば、
続けるべきこと、そして続け方が分かってきます。

 

理由5:真面目に考えすぎて、継続できない。

 

例えば、運動が好きだからといって
ウォーキングを始めたとしましょう。

 

真面目に続けることは、大切です。
しかし、雨にも負けず、風にも負けず
やる必要があるでしょうか。

 

完璧にやらないとダメとか、
義務感を感じてやるようになった瞬間に
続けることが難しくなります。

 

そればかりか、ストレスが溜まり
逆効果になることもあり得ます。

 

 

ですから、何が本当に必要なのかなど基本を押さえておけば、
細かいことにこだわらず、ゆったりと継続する
心の余裕ができます。

 

健康になる方法は、これです。

 

さて、元に戻って、50、60代の私たちの将来のことです。
これからの人生を、どのように過ごしますか。

 

聖路加国際病院で、100歳を超えてもなお、
現役で医師を続けている先生を御存知ですよね。
そんな人になりたいですか。

 

それとも、介護された日々を過ごしますか。

 

その差は何なのでしょうか?
どうやったら、何歳になっても
ロマンを持って生きられるのでしょうか。

 

一生懸命健康法を調べて、
健康に良いことを、
頑張って続けなければならないのでしょうか。

 

そんなことはありません。
頑張らないでも、もっと楽に健康になれます。

 

そんな健康法が、ここで紹介する

 

「こだわらない健康法則」です。

 

この健康法では、3つの「こだわらない」を大切にします。

1.『結果』に、こだわらない
2.『方法』に、こだわらない
3.『どれだけできたか』に、こだわらない

 

 

1つ目:「結果」にこだわらない

 

結果が出ないなら無駄じゃないか・・
などと考えないでください。
結果は出ます。

 

でも、紹介した健康法1つ1つを実践した時に、
「急いで効果を出さなければ・・」などと焦らないでください。
健康に良いことを始めたとしても、
効果はゆっくりと感じられるケースが殆どです。

 

ダイエットを始めて1週間で5kg減らしたい
などと、毎日体重計に乗っても、そんなにすぐには現れません。

 

すぐに効果が現れることもあるかもしれません。
でも、それは、かなりハードなやり方に耐えた場合です。

 

体にかなりの負担がかかり、
結局、続けるのが難しく、
リバウンドしてしまうケースが多いのです。
無理は、いけません。 

 

結果にとらわれると、フラストレーションがたまり、
ストレスとなって、返って悪影響を招いてしまいます。

 

そして、肝心の「続けること」ができなくなってしまいます。

 

ですから、性急に「結果を出すこと」にこだわらないで、数か月先、
1年先といった、長いスパンで
徐々に、「ああ、良くなってきたな」という実感が得られるのを待つ。

 

そんな気持ちの余裕を持って、
「ゆったり」と付き合ってください。

 

これからの長い人生で付き合う自分の体です。

 

 

2つ目:「方法」にこだわらない

 

先に、世にでている健康法が、
全ての人に効果があるとは限らない
ということを申しました。

 

私も、あるダイエットでは、
体を壊す寸前まで行ったことがあります。

 

確かに、それを提唱している先生には良かったのです。
スタッフも立派な体格をして、エネルギッシュに見えました。
でも、私がやると、体を壊す結果になったのです。

 

こんな場合、やり方が悪いからだ、
まだ足りないからだ、
などと考えがちです。

 

下手をすると強迫観念に駆られて、
無理をしてしまいます。

 

でも、個人差があるのです。

 

自分の体に聞いて、合わないと感じたら、
すっぱりとあきらめましょう。
あるいは、自分に合うようにアレンジしましょう。

 

例えば、朝食について、
食べた方が良い、食べない方が良いの
相反する意見があります。

 

それぞれ、それなりの理屈があります。

 

朝食を抜くとお腹が空いて、我慢できない人もいるでしょう。
食べない方が、体が軽いと感じる人もいるでしょう。

 

 

実践してみて、ご自分が心地よく感じられる方をやってください。
あるいは、軽く食べるといった、
自分ができるちょうど良いやり方があるかもしれません。

 

科学の方法と同じです。
仮説を立てて、検証して、
仮説が実証できたのなら、その仮説はOKです。

 

それぞれの健康法は、仮説でしかありません。
実証するのは、ご自身です。

 

また、健康になるためには、ダイエットなど、
一つのことにだけ気をつければ良いということではなく、
できるだけ、体全体に気を配ってください。

 

体の各部分や機能はお互いに関係しています。
それぞれに良いことを、一緒に行うことで、
健康な体になって行きます。

 

ご自身の状態に応じて、できること、必要なことがあれば、
それも加えて行けば良いのです。

そうすれば、無理なく、自然に健康を手に入れられます。

 

でも、世の中には健康法が溢れていて、どれをやれば良いのか
分からないと言う人も多いと思います。

 

「こだわらない健康法」では、健康になるために大切なことを
分かりやすく解説しています。

 

それが武道で言うところの基本の型になります。

 

それを理解、実践した上で、
その結果から自分なりにアレンジしたり、
続けられる方法を選んだりしてください。

 

また、他にも自分に必要と思う方法があれば
取り入れてみてください。

 

例えば、
ある体操が良いかもしれません。
効果のあるツボ押しがあるかもしれません。
足もみが良いかもしれません。
整体で効果があるかもしれません・・・etc.

 

 

3つ目:「どれだけできたか」にこだわらない

 

ある健康法を実践しようとしたとき、
そのとおりできるに越したことはありません。

 

でも、実際には、そう簡単にできるものではありません。

 

例えば、ダイエットを始めたとしましょう。
そのために、肉やお酒を減らしたり、止めたりするかもしれません。

 

でも、お付き合いもあるでしょう。
週末は「リラックスしたい」ので
緩くしたいということもあるでしょう。

 

完璧にやらなければならないということはありません。
無理なく、長く続けられることが大切なのです。

 

 

ダイエットであれば、3食のうち1食だけ、夕食だけやろうとか、
1週間のうち3日だけ、平日だけやろうとか。
外出したときは、好きにやろうとか。

 

自分が続けられるペースで始めて
徐々に増やすなど、柔軟に考えてください。
しつこいですが、「続けられる」ことが大切です!

 

ただし、これだけは「こだわって」ください!

●良い人生を送る!
●楽しむ!

これは、「こだわらない健康法」の大原則です。

そして目的でもあるのです。

 

正直に言います。
実は、私も、不摂生したり、普段と違う生活が続いたりします。
そんなときは、便秘気味になったり、鼻の調子が悪くなったりします。
体は正直なのですね。

 

でも、この健康法を知っているので、
本来すべきことは分かっています。
無理する必要が無い事も分かっています。

 

ですから、気楽に元に戻って、
健康に良い生活を続けられるのです。

 

安心して、気楽に実践できる方法なのです。

 

「こだわらない健康法則」にたどりついた訳・・

 

私は、死ぬほどのひどい病気になったわけではありません。
でも、多くの人が経験する症状には悩まされました。
例えば、
・じんましん
・アトピー性皮膚炎
・アレルギー性鼻炎
・便秘
・不整脈
などです。

 

不整脈については、お医者さんの力が必要です。
(発症を抑える生活はできますが)
しかし、その他の症状については、
様々な健康法、治療を試してみました。

 

・減感作療法
・断食
・各種食事療法
・温泉療法
・整体
・針灸
・指圧
・漢方 などなど

 

 

それぞれの方法は、一種類だけではなく、
様々なバリエーションがあり、それらも試してみました。

 

結局、書籍として出版されている健康法など、
気になった方法を試しては、
思ったような効果が得られず、止めてしまう。

 

そんなことを繰り返しました。

 

例えば、「断食」もやってみました。

 

断食をやれば宿便がとれて、
健康になれるし、頭も良くなる・・
というのが、うたい文句でした。

 

合宿をして、断食をしましたが、
ほとんど、言われるほどの成果も得られず
がっかりさせられたものです。

 

そして、ある自己啓発系セミナーの食事法を経験したことが
「こだわらない健康法」に至るきっかけとなりました。

 

その食事法では、基本的に、
・栄養的には菜食だけで問題が無い。
・肉食は、むしろ害になる。
・朝はジュースだけで良い。
・水は、1日2リットル近く飲む。
・アルコールはダメ。
といった方法です。

 

 

そのカリスマ講師は、エネルギッシュに活躍していて、
すばらしい成果を上げている人です。

 

世界中のマスターに指南してもらい、
最高の健康法を学んだとのこと。

 

そして、その健康食を実践すれば、
エネルギッシュに活動できるとのことでした。

 

1か月頑張ってその食事法を続ければ、
人生が変わる。

 

それを信じ、頑張って、その方法を忠実に実行しました。

 

すると、1か月もたたないうちに、
体重が10kg以上減ったのです。

 

始めた時、それほど太っていたわけではなかったので、
周囲の人から見ると、かなり、げっそりしたようです。

 

さすがに、自分でも異常だと気が付いて、
セミナーのスタッフに問い合わせました。

 

すると、必要ならお医者さんに相談してくださいとのこと。
・・・・ガッカリです。

 

 

・・・そんなうまい話は無いのだ。

 

それに、家にずっといるのなら別ですが、
仕事で外に出たりすれば、
そのような食事を続けることは難しい。

 

大好きなお酒も飲めない。
そんなキツイこと、いつまでも続けられない・・。

 

糖質制限で、太った人が見違えるように筋肉質になる。
そんな、スポーツクラブが話題になりました。

 

でも、それを実現するため、
インストラクターが、食事内容などを
徹底管理しているとのことです。
相当ハードです。

 

 

リバウンドする人も結構いるはずです。

 

そこで、自分のこれまでの経験を振り返ってみました。

 

ある特定の健康法で、劇的な成果を上げたい。
それにこだわり過ぎていたのです。

 

結局、過度の肉食に野菜を取り入れるなど
平凡でも、正しいこと(決して派手なことではありません。)
の小さな積み重ねをしてきたことで、
健康が改善してきていることに気が付きました。

 

 

ただ、残念ながら、試してきた健康法、健康についての知識は、
全てつまみ食いで、頭の中で整理されていません。

 

だから、新しい情報が出ると、ふらふらしてしまっていたのです。
健康オタクとなって、時間とお金を必要以上に浪費していたのです。

 

健康について全体像がつかめていれば、新しい情報が自分に必要か、
どう使えば良いのかの判断のよりどころになることに気が付きました。

 

そんなわけで、自分のそれまでの経験を踏まえて、得た結論を整理すると、

@ 健康について、整理された正しい知識を持たないと、情報に振り回される。 
A 特定の健康法だけは必ずしも効果が得られない。
B 健康法を完璧にやるのは無理がある。その必要もない。
  でも、正しいことを、ゆっくりと確実に続けることが大切。
C 健康法の効果を、すぐに求めてはいけない。本来、体の変化は穏やかなもので、
  急激な変化は体に負担が大きい。
D 過度に結果にこだわるとつらい。楽しくないなら、ただの苦行になり、続かない。

 

この結論を基本にして、様々な健康情報を調べた結果できたのが
「こだわらない健康法則」です。

 

そして、この健康法を誰もが、気楽に学べるよう
動画講座にしました。

 

この講座の特徴は、

一部有名人や、スーパービジネスマンが、たまたまうまくいった方法ではなく、

何十年もの普通の生活の中で試した経験から、
  健康と健康法について必要なことがまとめてある。

1つの健康法の事だけでなく、健康法全体について、分かりやすく解説してある。
インターネットで、動画を、好きな時に繰り返し視聴できる。
食事の記録シートで、食事内容(食物繊維や発酵食品等)をチェックできる。
快便の記録シートで、便の具合から、自分の食事、生活をチェックできる。

 

この講座で学べること、実践できることを紹介しますと・・

【知識編】
1. 「健康」とは何か?
「健康と何か」と聞かれて答えられますか?
「健康である」とはどういう状態?
「健康」の本当の目的とは・・
2. 健康のために気をつけることは何か?
健康に必要なことはどうしたら分かる?
病気になる原因、プロセスとは?
3. 健康であるための基本
健康であるために大切なこととは?
4. 自分の体を知る
自分の体の事を知っていると良いこととは?

人間の臓器は何が何処にあって、何してくれている?
その臓器に問題があると、どうなる?

 

【知識と実践編】
5. 食 事
「なぜ、食事が大切なのか」言えますか?
どういう食品をとれば良い?
朝食は食べるべきか?
食事が改善できる食事の記録シートを使うと?
※ご自分の食事の傾向チェックできる、食事の記録シート(エクセル)
 をプレゼントいたします

6. 快 便
便はどのくらい出れば良い?
快便のためにすべきことは?

自分の便を観察すると健康状態がわかる
※快便になるための行動チェックに役立つ、排便の記録シート(エクセル)
 をプレゼントいたします

7. 呼 吸
現代人の呼吸は危ない!
健康に良い呼吸の仕方
8. 運 動
運動の効果は、具体的に知っていますか?
私たちに必要な運動とは?
日常、簡単にできて効果のある運動法とは?
9. 睡 眠
眠りのサイクルとは?

何時間寝たら良い?
どうすれば、良く眠れる?
10. ストレスとの付き合い方
上手にストレスに対処する方法とは?
11. 体の温め方
体は内からも外から温められる。どうやって?

 

この講座を受ければ、

● 健康法の正しい知識を身に着けられます。
● 氾濫する健康情報に惑わされず、自分に合った健康法を実践できます。
● 疲れにくく、健康な体を得て、 人生を最後まで楽しむことができます。

 

既に、この講座を受けていただいたお客様の声です。

M.T.様(東京都50代男性)
私は、仕事中心の毎日で、会社仲間とお酒を飲むこともしょっちゅうで50代半ばになってしまいました。特に運動をするのでもなく、休みはごろごろしていました。お腹が出ているのが気になりますが、大きな病気をしたこともなかったので、健康のことは特に気にしていませんでした。それに、面倒くさいとも思っていました。でも、親戚で定年後に糖尿病になり、今は、食事はもちろん、病院通いをしなければいけないし、日常生活に影響があるのを見て、自分のことが心配になりました。
そんな時にこのとらわれない健康法則を知りました。健康のことを全体的にわかりやすく説明してあり、しかも具体的な方法が書いてありますので、少しずつですが実行しています。とにかく、気を楽に、少しずつやれば良いという考え方が、面倒くさがりの自分には合っていて、ずっと続けられそうです。
これから、人生後半を大きな病気もせずに楽しめそうな気がしてきました。

 

T.J.様(千葉県50代女性)
夫がもうすぐ定年になる主婦ですが、老後の生活が心配です。健康寿命の話を聞いて、体のケアをしなければと思うようになりました。元々、冷え性で、すぐに風邪をひくたちだったのですが、みんなそうだからと特に気にしませんでした。でも、この健康法を勉強したおかげで、体温を上げることが病気をしないために大切だと知って、食べ物に気を付けたり、湯船につかったりして、できるだけ温めるようにしています。それに、運動や睡眠など、体の健康に良いことが他にもいろいろ書いてあるので、今は、食事や睡眠、ウォーキングなど、体に良い事をする時間をとるように心がけています。ここのところ、体が楽になってきたように思えますし、花粉症もいつもほどひどくなかったように思えます。ありがとうございました。

 

S.T.様(埼玉県60代男性)
毎日、一万歩を確保するために頑張ってきましたが、最近、だんだんきつくなっていました。でも、この健康法則によると、返ってストレスになって体に良くないということで、考え方を変えました。歩くことだけを必死にやるのではなく、食事や睡眠、ストレス発散などもやるようになりました。特に、呼吸法と瞑想をやると、とても気持ちが良いです。飲んだりするので、毎日できないのですが、構えないで続けてゆきたいと思います。最近は、朝、すっきり起きられるようになり、気持ち良く一日がはじめられます。

 

そんな人生が手に入る「こだわらない健康法」は、
3か月(3回の動画配信)の動画講座です。
動画の内容は、pdfファイルでもご覧いただけます。

 

そして、この動画講座を受けていただける会員サイトを設けました。

 

会員のお申込みになられた方には、決済の確認後、
IDとパスワードを送りします。
動画サイトにログインして、講座を御視聴ください。

 

今回は、できるだけ多くの人に、これからの人生を、
健康で楽しいものにしていただきたい。

 

そこで、初めてこのホームページを訪れていただいた方へのお礼として、
誰もが講座を受けやすいように、以下のような価格を用意いたしました。

 

通常価格(税込):    15,000円×3か月=45,000円
初回訪問特別価格(税込):9,800円×3か月=29,400円(※)
※ 初めてこのホームページを訪れていただいた感謝をこめて、
この価格をご提供させていただきます。

 

高いですか?

 

これから、数十年の人生を有意義に過ごす土台が築けるのです。
3か月間に、たったこれだけの投資で人生を楽しく過ごせるのです。

 

私たちは人生を完成させる段階に入っています。
その基本である健康を後回しにしている余裕はありません。

 

考えてみませんか。

 

動画講座は、次の5つのステップで視聴できます。

ステップ1:下の「今すぐ申し込む」のボタンをクリック
ステップ2:銀行かクレジットの決済方法を選択
ステップ3:必要事項を記入
ステップ4:決済確認後、IDとパスワードを受け取る
ステップ5:動画サイトにログインして、動画講座を受ける。

 

是非、今すぐ下のボタンをクリックして、
健康で明るい人生を手に入れてください。

 

動画講座申込み

 

【追 伸】

 

私は、いろいろな健康法に振り回されてきました。

 

でも、「こだわらない健康法則」に気が付いてからは、
自信を持って、健康な毎日を過ごしています。

 

是非、あなたも、この「こだわらない健康法」
を実践してみてください。

 

ご一緒に、これからの人生を、
希望を持って、楽しく生きてゆきましょう。

 

動画講座申込み

 

木下敬史(きのしたたかし)

顔写真

1958年埼玉県生まれ。
子供の頃から、アレルギーや便秘などの症状に悩まされ、
いろいろな健康法を試しては失敗を繰り返してきた。

 

ある自己啓発系セミナーの食事法で
危険なほどやせてしまったことをきっかけに、
これまでの経験と、様々な健康情報を総合した、
独自の健康法「こだわらない健康法則」を考案し、
指導と普及に努めている。

 

また、誰もが、自分の人生を最後まで楽しめることを願い、
体と心の健康を実現する「天命人事の法則」
を普及するため、天命工房を立ち上げ、
日々活動を続けている。

 

現在は、サーフィンを通して
心と体の健康ライフを届ける事も
ライフワークの1つとして取り組んでいる。

 

【連絡先】
シニアライフカレッジ
〒350-0024 埼玉県川越市並木新町12-6
TEL:049-235-2023 FAX049-235-2023
info@seniorlifecollege.com